vocabulary differences

同じ英語なのにアメリカでは使われていて、イギリスでは使われていない、またその反対でもなるという単語がいくつかあります。たとえhoagyは、長いロールパンに使う冷肉、チーズ、野菜を破産だサンドイッチという意味の単語ですが、アメリカで使われていますが、ほとんどのイギリス人は意味も分からないでしょう。

 

Bomb

英 もし何かが「went down a bomb」したら、大成功という事

米 もし何かが「bombed」したら、失敗したという事

 

例:英 My fiancee went down a bomb with all my relatives.

(私の婚約者は私の全ての親戚にうまくいった)

 

米 I bombed this midterm exam.

(今回の中間テストはうまく行けなかった)

 

Wash up

英 お皿を洗う

米 手と顔を洗う

 

英 Please wash up those dishes

(お皿を洗ってください)

米 Wash up yourself

(顔を洗ってください)

 

ただホームステイ先にお母さんに食後「Wash up now!」と言われたらどうするでしょうかね?

 

同じ意味でもイギリスとアメリカ都では違った単語があるためにそれぞれ違う意味を持って単語を理解すれば、会話もスムーズに進めると思います。間違って使えば、当惑や衝突を招く恐れがありますので、気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です