時間、期間の表現

イギリスではよく24時間法(23:20)が使われますが、アメリカでは24時間法は軍事上の実で使われます。そして時間や期間の表現にも違いがあります。

 

英:From Monday to Friday.

米:from Monday Through Friday.

(月曜日から金曜日まで。)

 

英:I`ll see you a week today/ a week on Friday/ Friday week.

米:I`ll see you a week from today/ a week from Friday.

(来週の今日/ 来週の金曜日に合いましょう。)

 

英:I`ll see you at ten (past) six.

米:I`ll see you at ten after six.

(6時10分に会いましょう。)

 

英:day/ month/ year →20/9/17 (20th September 2017)

米:month/ day/ year →9/20/17 (September 20th 2017)

(2017年9月20日)日付を表記するときはご注意してください!

 

英:Have you got the time, please? What time do you make it?

米:Do you have the time, please? What time do you have?

(何時だが、分かりますか?)

 

集合名詞について、イギリス英語ではグループの各メンバーが強調され複数として扱われますが、アメリカ英語では単数として扱われます。

 

英:The Government are trying to pass the bill.

米:The Government is trying to pass the bill.

(政府はその法案を可決させようとしています。)

 

英:The committee are resigned to the fact.

米:The committee is resigned to the fact.

(委員会は事実を甘受けしています。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です