飲み物に関する英語2

1.one for the road(その夜の最後の飲み物)

“Come on. One for the raod.”

(さぁ、それで最後ですよ。)

 

“How about one for the road?”

(最後にいっぱいはどうですか?)

 

2.quick one(軽く飲む)

“OK. But just a quick one!”

(オッケー。でも本当に軽く飲むだけですよ!)

 

3.bubbly(シャンペン)

“Let`s celebrate with some bubbly.”

(シャンペンでお祝いしましょう。)

 

4.plonk(安いワイン)

“He always brings plonk. Never any decent stuff.”

(彼はいつも安ワインを持ってくるのです。一度だって、きちんとしたものはありません。)

 

“The table wine in that restaurant is cheap plonk.”

(このレストランのテーブルワインは安ワインです。)

 

5.shout/ round(グループ内で飲み物を買う順番・こと)

“Who`s shout is it?”

(誰の番だっけ?)

 

“Bruce never buys a round.”

(ブルースは絶対他の人のドリンクを買わない。)

 

6.pub crawl(パブのはしご)

“Fancy coming on a pub crawl tonight?”

(今夜はしご酒に来るつもりありますか?)

 

7.piss up(ドリンクパーティー、会合)

“Graham`s having a piss up at his place on Saturday.”

(グラハムが土曜日に家で飲み会をするつもりですよ。)

 

“Are yo coming to the office piss up?”

(君は事務所のドリンク会合に出席つもりですか?)

飲み物に関する英語

1.swig(「ボトル、缶などから」一息に飲む)

“Heh! Don`t swig too much. That`s the last of the water.”

(おい、そんなにたくさんいっぺんに飲むなよ。それが最後の水なんだから。)

 

2.booze(アルコール/アルコールを飲むこと)

“Bill`s out on the booze again.”

(ビルはまた飲みに出かけたよ。)

 

“Shall we go out on the booze tonight.”

(今夜、飲みに出かけましょうか?)

 

boozer(パブ)

“John`s down the boozer.”

(ジョンはパブに行ったよ。)

 

3.tipple (少量の飲み物)

“I feel like a tipple. Want one?”

(少し飲みたい気分なんだけど、あなたも飲む?)

 

“Just a tipple, please.”

(じゃあ、少しだけお願い。)

 

4.alchy(たくさん飲むのが好きな人/アル中「alcoholicから」)

“Sid`s a bit of an alchy, isn`t he?”

(シッドは少しアル中気味じゃない?)

 

5.tiddly(少し酔った状態)

“I`m feeling a bit tiddly already.”

(もうすでに少し酔ったみたいだわ。)

 

“Your tiddled, aren`t you?”

(少し酔っているんじゃないの?)

 

6.refill(もう一杯)

“Anyone for a refill?”

(だれかもう一杯ほしい人はいる?)

 

“I`ll have a refill, please.”

(僕にもう一杯お願いいたします。)

料理に関する英語

Useful Words & Phrases

  1. grub (food)

The Red Lion serves excellent pub grub.

(レッドライオンはおいしいパブ料理を出すよ。)

 

I could do with some grub. I`m starving.

(何か食べたいです。お腹がすいています。)

 

Grubs up! Come and get it.

(できたよ! とりにきて食べなさい。)

 

2. starving/ starved (お腹ペコ、ひどく空腹状態である)

I`m half starved. I could eat a horse.

(餓え死に寸前だよ。馬でも食べられる。)

 

Let`s go for lunch. I`m starving.

(お昼を食べに行こう! お腹ペコだよ。)

 

  1. stuffed (たらふく食べった)

I couldn`t eat another thing. I`m stuffed!

(もう食べられない。食った食った!)

 

No more for me , thanks. I`m stuffed.

(もういらない、たらふく食べました。)

 

  1. bite (簡単に食べられる食べ物のこと)

Fancy a bite to eat?

(何か軽く食べたいですか?)

 

Let`s grab a quick bite, shall we?

(簡単に食事をしましょうか?)

 

5. munchies (空腹感を感じ始める)

It`s only ten and I`ve got the munchies already.

(まだ10時だけど、もうすでにお腹がすき始めているわ。)

 

  1. stodge (お腹に持たれる。重い食べ物)

This food is too stodge for me.

(この料理は私にはこってりしすぎだわ。)

 

You shouldn`t eat too much stodge in your diet.

(あなたの食生活にはあまり重い食事はしない方がいいですよ。)

英語の将来は

今日、世界は前例のない変革を経験しています。ショッピング、ビジネス、Eメールなどができるインターネットの出現は、私たちの生活様式を変えつつあります。また、国家間の関係、特に西側諸国と他の国々との関係も変化しています。政治経済の力関係も変わりつつあります。世界が更にグローバル化することで、文化も変化しています。

 

世界にはいまだに貧困が存在し、人口は過密状態です。環境問題にも取り組まなくてはなりません。英語の将来は予測するのは簡単ではありません。なぜなら、戦争、政治経済、自然災害、大量の移民、新技術、流行など多くの日言語の要因に影響される可能性があるからです。

 

それでも現在の傾向や元号の歴史を研究することで、一般的な仮説を立てることは可能です。現在、世界で起こっていることが今後も起こり続けるなら、文書などで記録に残さない限り多くの言語は消滅するでしょう。中には300年たてば、第一言語としては英語しか話されていないだろうと予測する言語学所さえいます。