お金の話2

ところでイギリスの高級住宅街と言えば、ロンドンの周辺に位置 するイギリス南東部で、イギリス北部に住む人々には妬まれています。いわゆるこの南北問題は、北部に多くの工場があった産業革命にまでさかのぼる長い歴史を持つ、そのごろの多くの産業が衰退したために北部は南北に比べてずっと貧しくなってしまったのです。

1980年代以降、イギリスは世界の経済先進国の一つとなりました。ロンドンの物価は東京都ほぼ同じくらいか、それより高いこともあります。しかしながら、まだ国内には大きな貧富の差が残っています。

 

on a shoestring (わずかなお金で)

“We travelled around the world on a shoestring. ”

(私たちはわずかな資金で世界中を旅しました。)

 

quid(イギリスポンド)

“I bought this for ten quid.”

(これを10ポンドで買いましたよ。)

 

“Lend us a couple of quid.”

(僕らに数ポンド貸してくれませんかな。)

 

broke/ skint(文無し)

“Sorry. I can`t go. I`m skint.”

(ごめん。いけないや。お金がないんだ。)

 

“Buy me a beer. I`m broke.”

(ビールをおごってくれないか。財布がすっかり艱難だ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です