お金の話3

イギリスにとって日本は、アメリカについで2番目に大きな投資国です。ロンドン金融センター(city)は世界で最も充実且つ強大な金融センターで(ニューヨークや東京よりも)、経済の中心に位置します。このシティは世界一の国際金融、株式、外国為替の取引量を誇ります。今日、イギリスの強い産業は石油、メディア、音楽、製薬、数種の食品や飲料です。1986年に行われた証券制度改革がロンドンの証券取引を国際的な資本市場として開放しました。

 

make a killing(株や事業などで大儲けする)

“I made a killing on the house.”

(家(不動産売買)で儲けました。)

 

“John made a killing on the stock market last year.”

(ジョンは去年、株で大儲けました。)

 

fiver/ tenner (L5, L10)

“Can you lend me a tenner until pay day?”

(給料日までL10貸してくれませんか?)

 

“Here`s the fiver I owe you.”

(はい、借りてたL5です。)

 

feel the pinch(貧困の影響を感じます)

“A lot of people are feeling the pinch these days.”

(近年多くの人が、お金が無くて苦しんでいます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です