政治に関する会話

イギリスではかつて、収入について聞くことと同様、個人の政治意見を訪ねることは無作法なことと考えられていました。しかし今日では、多くの人がもっとりっらくすして(年収は別ですが)精緻について活発に意見しあうようになりました。イギリスでは「政治家は信じられない」というような一般的同意があり、近年では多くのセックススキャンダルで辞任を強いられるなどということも起こっています。

英国議会(君主制で下院、上院から構成されている)は長い歴史があり、ウエストミンスターにあります。フランス語のparler(話す)を語源に持つprliament(議会)は13世紀にはじまりました。本来は単に王とその官公吏の会合の場であったものが、王は権利者(貴族)や王国の代表者たちに税金などに関する相談をすべきだという考えが起こり、この公式な会合は現議会の基礎になるに至りました。そしてこれはマグナカルタによって、更に強化されることとなりました。今日、君主制の役割は儀式的で、伝統的な形で維持されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です