階級制度

階級制度は今でもイギリスに存在します。どの階級に属するかということは、富や(労働者階級出身でも大金持ちの人はいますが)、ファッション、言語などを手掛かりすることができます。上流、上中流階級はその階級に見合った生活スタイルをしていて、一般的に優雅であると思われています。

 

貴族上流階級“aristocratic upper class”

上中流階級“upper-middle class”

低中流階級“lower-middle class”

労働階級“working class”

 

  1. the upper crust[上流階級者]

The upper crust are a privileged elite.”

(上流階級者は特権的エリート集団です。)

 

2.nob/ toff[お金持ち、紳士風にめかしたてる]

“Look at that toff. Whata pillock!”

(見ろよ、あのボンボン。バカみたいだな!)

 

3.Horray Henry[お金持ちの騒々しいパブリックスクール卒の男]

“Just listen to that Hooray Henry over there.”

(向こうにいるあのホーレイヘンリーが言っていることを聞けよ。)

 

4.Sloane ranger (Sloanie/Sloane)[ある一定の着こなしをした、ぱっぶりっくスクール卒の中上流階級]

“Joanne`s a bit sloanie, isn`t she?”

(ジョアンは少し、スローにーっぽくない?)

*かつてロンドンのスローンスクエア周辺に住んでいたことに由来する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です