ロンドン地下鉄マップ

ロンドンの地下鉄(The Tube)は世界で最も古い、大きな地下鉄システムです。そして、1日に20時間稼働しています(東京の山手線に同等路線はcircle Lineになります)。

このロンドン地下鉄のシステムが大きくなるにしたがって、乗客のために地図の必要性が出てきました。1926年Stingemoreと呼ばれる製図者が地上の道路とはあまり関連性のない地図をデザインしました。この地図はその後、Henry Beckによって縦、横、斜めの線を使って路線を単純化した、今日知られる具体的な地図へとデザインされました。この地図のデザインは後に多くの国によって採用されるスタイルとなりました。私の頭の中にあるロンドンのイメージ基本となるのがこの地図です。

皆さんはロンドンに行く前に、このロンドン地下鉄の地図と、できたらバスルートのマップも一緒に頭の中へ入れておくといいでしょう。

 

1.play it by ear [臨機応変に行動する・成生に任せる]

“Let`s wait and play it by ear.”

(待って様子を見てから、成り行きに任せよう。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です