television

イギリスはtelly(テレビ)大国です。連続ドラマ同様、スポーツ番組、ニュース、ドキュメンタリー、天気予報はとても人気があります。そして、ビデオを楽しむ人も大勢マス。

チャンネルはBBC1、BBC2、ITV、チャンネル4、チャンネル5しかありませんが、テレビ番組の知的内容の水準は日本やアメリカに比べてずっと高くこれは主に少ないチャンネル選択が理由と考えられます。日本には歌や司会など多岐に渡って、特に何かに優れているというわけでもない“芸能人”がいますが、イギリスのタレントは大抵1つか2つのことを専門的に行います。イギリスと比べると、日本のテレビドラマに出演している俳優たちは、あまり芝居が上手ではないようです。

BBCは1920年以来スポーツから音楽、声、アクセント、物語、ニュースを提供し、英国文化を世界に広める重要な役割を担っています。そして、UKのポップミュージックだけがアメリカのポップミュージック産業と競うことが可能なのです。

 

飲み物に関する英語4

Hair of the dog (that bit me) (迎え酒)

“What you need is hair of the dog.”

(君に必要なのは迎え酒だよ。)

 

Hangover/ hung over (二日酔い)

“Don’t shout. I`ve got such a hangover this morning!”

(大声を出さないで。今朝は二日酔いなんだから。)

 

“Are you ok? You look hung over.”

(大丈夫? 二日酔いみたいだけど?)

 

(とても酔っぱらっている)

High as a kite, cocked, oiled, pissed, pissed as a fart/newt, squiffy(上流階級の表現), sizzled, loaded, half-cut, plastered, canned, blotto, paralytic, fried, lubricated, well away, steamed, sloshed, bombed, zonked, smashed, out of it, wrecked, legless, Brahm and Liszt, drunk as a skunk, trashed, ratted, ratarsed, bladderedなど

 

“I`m rat-rased!”

(酔っぱらっちゃったー!)

 

“Bill always ets smashed on Fridays.”

(ビルはいつも金曜日はひどく酔っている。)

 

最終的に優勢を占めた言語“English”をもつアングロサクソン人によってケルト人が鎮圧されてしまったため、ケルト語は英語の中にあまり残っていません。

英語の中でもっともよく知られたケルト語は“whiskey”で、“whiskybae uisgebugh”( water of life:命の水) の言語を持ちます。

他の例としては次のような単語も残っています。

Crag(際しい岩山)、tor(際しい山の頂)、ass (ロバ)、flannel(フランネル)

飲み物に関する英語3

近年イギリスの人は家でテレビを見て過ごしますが、その多くの人々も静かなパイントを楽しみに、地元のパブへ出かけます。東京にはイギリスのパブを体験できる店が結構あります。私のお気に入りは赤坂にあるHobgblinです。子のパブはフレンドリーな雰囲気があり、おいしいPub grubもあります(私のおすすめはBangers & mash と Fish `n` chipsです。 )このパブブランドのビールも醸造しています。もし私を見かけたら、“Don`t forget to buy me a pint!”

 

Have one too many (たくさん飲みすぎる)

“I think Jane`s had one too many, don`t you?”

(ジェーンは飲みすぎだと思うんだけど、君はどう思う?)

 

Drink like a fish (大酒飲み、酒豪)

“Harry drinks like a fish.”

(ハリーは大酒飲みです。)

 

Cheers/ bottoms up/ down the hatch (乾杯)

Cheers, everyone.”

(乾杯、みなさん)

※cheers: thanksの意味でも使われる。

 

Beer belly (ビール腹)

“Have you seen the size of George`s beer belly?”

(ジョージのビール腹のサイズ、見たことある?)

 

Brewer`s droop (アルコールの飲みすぎで不能になってしまったこと)

“Not brewer`s droop again David?”

(飲みすぎで、また立たなくなったんじゃない、デイビッド?)

英語の将来は

今日、世界は前例のない変革を経験しています。ショッピング、ビジネス、Eメールなどができるインターネットの出現は、私たちの生活様式を変えつつあります。また、国家間の関係、特に西側諸国と他の国々との関係も変化しています。政治経済の力関係も変わりつつあります。世界が更にグローバル化することで、文化も変化しています。

 

世界にはいまだに貧困が存在し、人口は過密状態です。環境問題にも取り組まなくてはなりません。英語の将来は予測するのは簡単ではありません。なぜなら、戦争、政治経済、自然災害、大量の移民、新技術、流行など多くの日言語の要因に影響される可能性があるからです。

 

それでも現在の傾向や元号の歴史を研究することで、一般的な仮説を立てることは可能です。現在、世界で起こっていることが今後も起こり続けるなら、文書などで記録に残さない限り多くの言語は消滅するでしょう。中には300年たてば、第一言語としては英語しか話されていないだろうと予測する言語学所さえいます。

英語はどのように変化します?

英語は過去において変化を遂げ、今も変化しており、これからもlexis(語彙), semantics(意味)、syntax (文法)、phonology (音韻)、morphology(語形論)の分野で変化していくでしょう。今後2・3世紀の間に多くの言語が消滅し、一方で英語やスペイン語、中国語など今後も生き残りそうな言語は、均質化して標準のグローバル言語となり、多様性はあまり見られなくなりそうです。同じことが世界の文化にも起こるはずです。多くの文化が消滅し、世界は1つのグローバルな単一文化を持つようになるかもしれません。これがブローバルカの結果なのです。

多くの言語学者は、いずれは世界全体が1つのグローバル文化を形成し、英語が第一または第二言語として使用されると確信しています。言語数が減少するにつれて、多くの人々は英語の引き寄せられていくでしょう。もちろん、こうした仮説に異論を唱える人もいます。

英語を母国語とする人々が話す英語は、もはや枝分かれすることなく、1つにまとまって国際標準英語(ISED)を形成しつつあるようです。

vocabulary differences

同じ英語なのにアメリカでは使われていて、イギリスでは使われていない、またその反対でもなるという単語がいくつかあります。たとえhoagyは、長いロールパンに使う冷肉、チーズ、野菜を破産だサンドイッチという意味の単語ですが、アメリカで使われていますが、ほとんどのイギリス人は意味も分からないでしょう。

 

Bomb

英 もし何かが「went down a bomb」したら、大成功という事

米 もし何かが「bombed」したら、失敗したという事

 

例:英 My fiancee went down a bomb with all my relatives.

(私の婚約者は私の全ての親戚にうまくいった)

 

米 I bombed this midterm exam.

(今回の中間テストはうまく行けなかった)

 

Wash up

英 お皿を洗う

米 手と顔を洗う

 

英 Please wash up those dishes

(お皿を洗ってください)

米 Wash up yourself

(顔を洗ってください)

 

ただホームステイ先にお母さんに食後「Wash up now!」と言われたらどうするでしょうかね?

 

同じ意味でもイギリスとアメリカ都では違った単語があるためにそれぞれ違う意味を持って単語を理解すれば、会話もスムーズに進めると思います。間違って使えば、当惑や衝突を招く恐れがありますので、気を付けてください。

笑いと睡眠は大事

英会話を上達するため、一日少しずつ勉強するのは大切でしょう。私は自分が好きな文章を暗記して、二週間でも、一ヶ月でも復習してみると英会話の基礎になるではないかと思っています。これから私は大好きな文章をちょっとずつ紹介させていただきたいです。

A good laugh and a long sleep are the best cures in the doctor`s book.

人間は良質な睡眠をとってからこそ体調を整えます。なので睡眠が大切にして、この季節だとお気に入りの湯たんぽで心も身体もあったかリラックスさせましょう。

眠れなくても焦らずに、音楽を聴き、温かい牛乳を飲んで、副交感神経を優位にしてリラックスしましょう。そのうちに毎日しっかり食事をとって食事のバラスも大切にしておきましょう。会社に行く前必ず食べてエナジーチャージをして特に野菜は残さずにきちんと栄養を取ります。

そして笑顔で免疫力をアップさせます!うれしいときや、楽しいときもよく笑いましょう♪落ち込む時も笑うのはちょっと無理かもしれませんが、とりあえず、口角をあげて、目が優しい目になっていて少しだけ意識すると自然と「笑顔」になります。

因みに良い睡眠と笑顔が健康促進に大事なキーポイントではないでしょう。